JR東日本 最近中央総武線の209系500番台E231系

JR東日本 最近中央総武線の209系500番台E231系。全く持ってその通りです。最近、中央総武線の209系500番台E231系だけで全ての205系置き換えられない為、幕張の209系2100番台桐生疎開中の3000番台組み合わせて武蔵野線転属させるか、八高線へ転属改造の為青森入場中のB7編 成B8編成組み合わせて武蔵野線転属させるか言ってる人見かけますけど、どれあり得ないよね そそこんなややこい転属するぐらいなら、既八高線へ転属済みの209系500番台、C504編成C505編成八高線へ転属せず武蔵野線転属させてますよね 209系:JR東日本。東日本の在来線車両 系についてご紹介します。形式, 系 デビュー,
年 最高速度, / 運行区間, 川越線。八高線。京葉線。武蔵野線。内房
線。外房線。東金線。成田線。総武本線

209系一般形電車。その後総武中央緩行線には幅を広げた500番台が登場。さらに地下鉄千代田線
直通用に1000番台も登場した。さらに。八高線高麗川以南電化時には川越線
との直通用に3000番台も登場している。そして。209系はE231系に
発展209系3000番台の今後は転用。系番台は年の月を以て八高線?川越線の運用から離脱。ハエ
編成は宇都宮に。ハエ編成とハエほかの編成も訓練機械となりそうです
が。両編成の南武支線系を置き換える可能性も否定できません。京葉線の
系番台であることが濃厚ですが。こちらは年の中央線グリーン車
連結工事が完了して系が本減り。その分房総各線と総武快速線の直通
運転を強化するというのも可能性としては考えられます。系番台

JR東日本。八高線向けの新製車系番台は。中央線?総武線各駅停車用の系?
系番台の転入により代替番台の編成はカワ編成が宇都宮。カワ
,編成が桐生にそれぞれ配給輸送にて疎開されていましたこのため。他に
妥当な車両がないことから。不自然に疎開留置されている彼らの新天地こそが
武蔵野線なのではこれは。ツーハンドルの系のみだった武蔵野線にワン
ハンドルマスコンの系番台が加わることを前に。幕張車両センター「使い捨て」ではなかった通勤電車。最新型の系や。中央線などで活躍する系。常磐快速線の系など
など。と両編成に組み替えられた京浜東北線の系は。両のうち両
が番台?番台として。千葉へと活躍の地を移しました。他にも。南武線
の車両置き換えや増発のため。両編成本が機器更新の上で中原電車区へと転属
しています。中央?総武緩行線に残存した編成も。山手線から転属した系
番台によって置き換えが開始され。年までにすべて撤退。

全く持ってその通りです。武蔵野線への車両が足りないなら、八高線へ持ってくる209系500番台の数を減らした方が明らかに効率的です。なのに、八高線へ209系500番台を5編成転属させたと言うことは、なんらかの形で武蔵野線への車両を補うという意味だと思います。候補としては、ケヨ34編成かマト118編成119編成になります。個人的な予想としては、今までは2019年のダイヤ改正で、相鉄線と埼京線が直通開始時に横須賀線が減便した上で、京葉?内房線への直通運転を持ち替えた上でケヨ34編成が武蔵野線へ転属すると思っていましたが、7月3日のプレスリリースで京葉線が増発を検討しているとのことなので、ケヨ34編成が残留する可能性も否定できなくなりました。そこで前述の相鉄線と埼京線の直通運転で、池袋?武蔵小杉間を同じ線路を走行する湘南新宿ラインが減便し現時点でも池袋?新宿間は1時間に25本走っているのに、さらに成田エクスプレスや、おはようライナー新宿も走る新宿以南まで乗り入れるとなると、何本かの減便は免れない余剰となったE231系近郊型やE233系3000番台が上野東京ラインの運用に回り現時点でも、小山車の基本1編成と付属2編成が余剰となっている常磐快速線のE231系の上野?品川間の運用を置き換えます。これによって捻出されるマト118編成と119編成が武蔵野線へ転属すれば、ケヨ34編成を転属しなくても全ての205系と増運用分の車両を賄うことができます。それにマト118編成、119編成、139編成は未だに機器更新が施工されていません。マト139編成に関しては、現在長野総合車両センターがE231系0番台2編成の武蔵野線転用改造と、E257系M-104編成の踊り子転用改造で手一杯ですが、E231系0番台が出場次第、機器更新を施工すると思われます。そしてマト118編成と119編成はもと三鷹電車区所属なのと、機器更新が終了すれば予備車が減らせるので、機器更新と同時に武蔵野線へ転属する可能性が高いです。この2編成が転属すれば武蔵野線の205系置き換え2018年のダイヤ改正で発生した増運用分を置き換えられます。現に横須賀線よりも、並走区間の長い湘南新宿ラインの運用を置き換えた方が筋が通るので、こちらの方が可能性が高いと思います。しかし、これでは不確定要素の強い試作車のE231系900番台も武蔵野線へ転属する必要があります。なので、上野東京ラインの運用が増えたら、京浜東北線が減便し、余剰となったE233系1000番台が京葉線へ転属すればケヨ34編成も武蔵野線へ転属できます。こうすれば武蔵野線の車両はE231系0番台と209系500番台で統一することができます。足りない編成を補充する説はいくつかあります。?常磐線のマト118?119を8連に組成して武蔵野線へ転属させる説これだと上野東京ラインの増発の為に中央総武線から転属してきたのですから、再度転属させると意味がないのと、次のダイヤ改正で上野東京ラインにどう変化が出るのかどうかによります。?京葉線のケヨ34を武蔵野線へ転属京葉線も増発だか臨時列車を出すとかでこれも可能性は五分五分でしょう。ケヨ34だけの転属だと編成数が足りない気がしなくもないです。幕張の2100番台の転属もデマでしょうし、桐生に疎開されている3000番台は廃車を前提とした状態ですので、転属はないでしょう。B7とB8が八高線に転属するとしたら、それは有り得ない話だと思います。